メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

救援物資倉庫、運送業者に一任

 多数の被災者に水や食料を素早く配るにはどうすればいいか。熊本地震で突きつけられた課題だ。今、新たな防災倉庫のあり方が模索されている。

 ●分配拠点が損傷

 熊本地震で熊本市東区のショッピングモールに避難した約1000人は、車中泊をしながら自衛隊から物資が届けられるまでの5日間、自力で作ったおにぎりなどでしのいだ。

 熊本県が物資の備蓄・分配の場所にするつもりだった熊本市内の三つの施設は地震で損傷し、役割を果たせな…

この記事は有料記事です。

残り1089文字(全文1295文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  2. 戦後70年 今も続いている国民への忍耐押しつけ
  3. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  4. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです