メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パナマ

資金洗浄規制の強化、骨抜きの可能性 国内に異論

 太平洋と大西洋をつなぐ運河を抱える物流の要衝パナマ。20世紀初め、船舶課税の低減などで外国船の登録を促す「便宜置籍国」となり、その後も多国籍企業に有利な税制を導入して経済発展を進めてきた。米ドル紙幣が流通する利点もあり、金融センターの一つに成長した。海岸沿いの高層マンション群は「麻薬の資金洗浄(マネーロンダリング)のたまもの」とうわさする元米政府職員もいる。パナマは昨年、不動産開発業者の資金洗浄規制に乗り出している。【パナマ市で清水憲司】

 パナマ政府は「パナマ文書」発覚後、課税逃れ対策を主導する経済協力開発機構(OECD)の要請に応じ、…

この記事は有料記事です。

残り1145文字(全文1417文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  3. 万博 誘致費36億円 大阪府知事「必要経費」理解求める
  4. ゴーン会長逮捕 日産と司法取引 東京地検特捜部が適用
  5. ゴーン会長逮捕 閉鎖の工場地元「人情ない人と思ってた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです