メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EV開発に軸足…20年までに20車種投入

 【ロンドン坂井隆之、ベルリン中西啓介】独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のマティアス・ミュラー会長兼最高経営責任者(CEO)は28日、2015年の経営報告記者会見を開いた。ディーゼルエンジン車の排ガス不正について改めて謝罪した上で、2020年までに電気自動車(EV)20車種を投入する計画を表明。次世代エコカー開発の重点を、ディーゼルエンジンからEVなどに移す方針を明確にした。

     VWは先週発表した15年12月期決算で、不正対応費用162億ユーロ(約1兆9900億円)を計上している。会見で同社は、このうち70億ユーロを当局からの民事制裁金などへの備えとし、残りの大半を不正対象車両のリコール(回収・無償修理)や買い戻しに充てる考えを明らかにした。市場では不正対応費用が一段と膨らむ可能性が高いとの見方があるが、ミュラー会長は「我々の財務内容は強固だ」と述べ、現時点で増資の必要性などは言及しなかった。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. レゴランド 人気も料金も高く…開業1カ月で見えた課題
    2. 北朝鮮ミサイル 日本の反応に韓国メディア「大げさだ」
    3. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」元料理人に正恩氏発言
    4. 神戸山口組 離脱グループが新組織、「任俠団体山口組」で
    5. 特集ワイド 正恩氏は軍事の天才? 「ソウル解放」の真意

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]