メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トキ

野生ペア子育て中止 ひな死んだ可能性

誕生したひなに餌を与えるトキ=新潟県佐渡市で2016年4月22日午前撮影、環境省提供

 新潟県佐渡市で野生トキのつがいから40年ぶりに生まれたひなについて、環境省は28日、親鳥が餌を与える行動を3日連続でとらず、子育てを中止したと判断した。巣の中の様子は確認できていないが、ひなが死んだ可能性が高いという。

 環境省によると、21日には親鳥がひなに餌を与える様子が観察され、その後にひなの姿も確認できた。25日までは巣から顔を出すひながみられたが、26日以降は確認できなかった。ただ、このペアが交代で巣に座り込む様子が確認されており、別の卵を温めている可能性があるという。

 環境省の番匠(ばんしょう)克二・希少種保全推進室長は「子育ての中止は残念だが、ふ化しても全て巣立ち…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  5. 大阪市立総合医療センター 患者情報を誤送信 49人分 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです