メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次代へのバトン

レジェンドインタビュー 新体操 山崎浩子さん

山崎浩子・新体操強化本部長=喜屋武真之介撮影

世界への意識育てた10年 山崎浩子さん(56)

 新体操団体の日本代表「フェアリージャパンPOLA」(注)の指導者、選手が年間を通じて共同生活を送り、徹底した強化に取り組み始めてから今年で10年。2004年アテネ五輪の出場を逃した後に抜てきされた山崎浩子・日本体操協会新体操強化本部長(56)が「再び世界と戦うために」と打ち出した強化策はようやく実を結び、リオデジャネイロ五輪のメダル獲得も現実味を帯びてきた。大胆な改革に取り組んできた指導者に、10年の歩みを振り返ってもらった。【田原和宏】

 −−2003年世界選手権で日本は16位。アテネ五輪出場を逃した。何が足りなかったのか。

この記事は有料記事です。

残り1654文字(全文1943文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです