メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次代へのバトン

レジェンドインタビュー 新体操 山崎浩子さん

山崎浩子・新体操強化本部長=喜屋武真之介撮影

世界への意識育てた10年 山崎浩子さん(56)

 新体操団体の日本代表「フェアリージャパンPOLA」(注)の指導者、選手が年間を通じて共同生活を送り、徹底した強化に取り組み始めてから今年で10年。2004年アテネ五輪の出場を逃した後に抜てきされた山崎浩子・日本体操協会新体操強化本部長(56)が「再び世界と戦うために」と打ち出した強化策はようやく実を結び、リオデジャネイロ五輪のメダル獲得も現実味を帯びてきた。大胆な改革に取り組んできた指導者に、10年の歩みを振り返ってもらった。【田原和宏】

 −−2003年世界選手権で日本は16位。アテネ五輪出場を逃した。何が足りなかったのか。

この記事は有料記事です。

残り1654文字(全文1943文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  3. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  4. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  5. WEB CARTOP 明らかに健康に悪そう! いまだに地方で黒煙を上げる大型ディーゼル車が走っているワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです