メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北陸ご当地みやげ

/1 七尾湾産 赤なまこ石けん /石川

店頭に並ぶ「能登の赤なまこ石けん」。形はナマコをモチーフとした=金沢市尾張町2の八百萬本舗で、道岡美波撮影

海の恵みで「美肌に」

 ナマコからせっけん−−。グロテスクな見た目からは想像しにくいが、七尾湾で捕れる天然の赤ナマコを素材に用いた洗顔用せっけんが人気を呼んでいる。その名も「能登の赤なまこ石けん」。「保湿力がある」「肌がつるつるになる」と利用者からは評判も上々だ。

 アイデアが生まれた舞台は、ナマコの加工販売を手がける「すぎ省水産」(七尾市)。輪切りにしたナマコを番茶で軟らかくゆでて味付けした珍味「茶ぶりなまこ」などを製造している。ナマコの両端は硬く、食用に不向きなため、3センチずつ切り落として廃棄処分にしていたが、「何とか活用できないか」と考えた。

 2009年ごろ、すぎ省水産からの提案を受け、地元産品をネット販売する「能登スタイルストア」(同市)…

この記事は有料記事です。

残り1005文字(全文1331文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです