メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

備える生きる大地震

ふるさと納税で被災地支援

 熊本地震を受け、ふるさと納税制度を活用した被災地支援の輪が広がっている。寄付金をインターネットで簡単にクレジットカード決済でき、確定申告なしで税控除も受けられるため、寄付する側の負担が少ないのが特徴。被災自治体に代わって、他市町村が受け付け事務を代行する動きも出ている。

 仲介サイト「ふるさとチョイス」と「さとふる」の集計で、熊本地震の被災自治体への緊急寄付は29日現在、7億円を突破。昨年9月に関東・東北豪雨の被害に遭った茨城県境町などが「恩返し」として熊本の自治体の寄付金受け付け事…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文611文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです