メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

降雪

北海道津別町で30センチ 旭川は3月中旬の寒さ

降り続いた雪で冬の景色に戻った市街地=北海道北見市末広町で2016年4月30日午前8時45分、山田泰雄撮影

 北海道内では急速に発達した低気圧の影響で30日も気温が下がり、オホーツク海側を中心に降雪が続いた。1日には天候が回復する見通し。

     札幌管区気象台によると、30日午後3時までの24時間降雪量は、津別町で30センチ▽斜里町ウトロ、弟子屈町川湯で28センチ▽羅臼町で25センチ−−など。最低気温は、阿寒湖畔で氷点下2.9度、遠軽町白滝で同2.8度を記録し、道内全域で4月上旬〜中旬並みの冷え込みとなった。札幌市は2.2度だった。旭川などでは3月中旬並みの寒さだった。【藤渕志保】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. のんさん 殺害予告容疑 北海道の47歳男逮捕
    2. セクハラ疑惑 財務次官辞任 「今こそ連携する時」メディアの枠超え女性結束
    3. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
    4. 霧島連山・硫黄山 250年ぶりに噴火 宮崎・鹿児島県境
    5. 霧島連山 硫黄山噴火…250年ぶり 警戒レベル3に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]