メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法9条の改正に意欲 日本テレビ番組 

 安倍晋三首相は29日に放送された日本テレビの番組で、憲法9条の改正に意欲を示した。「自衛隊を憲法学者の7割が違憲と言っている状況のままでいいのか、真剣に向き合わなければいけない」と述べた。首相は「政治家には(改憲以外に)やらなければいけない仕事がたくさんあると言って、これからもずっと後回しにしてよいのか。思考停止している政治家、政党の皆さんに真剣に考えてもらいたい」とも話し、野党を批判した。

     また、首相が消費増税延期の条件に挙げる「大震災」に熊本地震が当たるかについては「結びつけて考えるいとまはない」と述べるにとどめ、5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に合わせて判断するかを問われると「それはありません」と応じた。【真野敏幸】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 坂村健の目 被ばく影響、科学界の結論
    2. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
    3. トランプ氏 「国連で演説、恥ずかしい」…NYで抗議デモ
    4. 安室奈美恵さん 来年引退へ 公式サイトで発表
    5. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」 元料理人に正恩氏発言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]