メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

半月 地震、やまぬ連鎖 回数は1000回超 

断層とみられる亀裂=熊本県益城町で2016年4月17日午後3時34分、本社ヘリから矢頭智剛撮影

M5可能性、今後も

 熊本地震から半月。地震回数は既に1000回を超え、29日には大分県で震度5強の地震があり、被災者は不安を募らせている。地震はいつまで続くのか、さらに広域化するのか、阿蘇山噴火への影響は−−。専門家によるこれまでの調査から「連鎖地震」の姿を追った。【藤野基文、岡田英、五十嵐和大】

 「徐々に地震の回数は減っており、終息する方向にあると思う。ただし、少し大きな地震と小さな地震が起きながら収まっていくので、今回よりもう少し大きい地震が発生することはあり得る」。佐藤比呂志・東京大地震研究所教授(構造地質学)は、大分県側の地震について説明する。

 熊本地震は14日に日奈久(ひなぐ)断層帯でマグニチュード(M)6.5、16日には隣接する布田川(ふ…

この記事は有料記事です。

残り1773文字(全文2102文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです