メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外習近平氏、6月訪日の意向表明 国家主席就任後初
シンクロナイズドスイミング

ジャパンオープン 乾・三井組1位通過 デュエットFR予選

デュエット・フリールーティン予選、乾(右)・三井組の力強い演技=梅村直承撮影

 シンクロナイズドスイミングのジャパンオープン第2日は4月30日、日本選手権を兼ねて東京辰巳国際水泳場で行われ、デュエット予選は、テクニカルルーティン(TR)1位でリオデジャネイロ五輪代表の乾友紀子(井村シンクロク)三井梨紗子(東京シンクロク)組がフリールーティン(FR)92・8333点、合計184・9290点で1位だった。チーム予選は、TR1位でリオ五輪代表の日本(乾、三井、吉田、箱山、中村、丸茂、中牧、小俣)がFR93・7000点、合計186・1360点でトップだった。

 非五輪種目のフリーコンビネーションは、井村シンクロクAが86・6333点で優勝した。

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1119文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです