メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

竹島水族館

「超グソクムシ煎餅」販売好調 愛知・蒲郡

お目当ての「超グソクムシ煎餅」を手にする家族連れ=愛知県蒲郡市の竹島水族館で2016年4月30日、吉富裕倫撮影

 愛知県蒲郡市の竹島水族館で、ゴールデンウイークを前に土産物として用意した「超グソクムシ煎餅」の販売が好調だ。展示もしている人気の深海生物、オオグソクムシの粉末を煎餅にまぶした。

     とりわけ注目されているのは、一見グロテスクな写真を表面に印刷したパッケージ。インターネットで見つけ、神奈川県海老名市から訪れたグソクムシファンの家族連れは「本物みたい」と大喜び。

     「オオグソクムシを見て、触れて、食べられるのは当館だけ」とPRする小林龍二館長(35)は、予想以上の反響に煎餅を追加で発注した。「海底をはう生物ですが、売れ行きは飛ぶようです」【吉富裕倫】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
    2. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
    3. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
    4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
    5. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです