メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若桜鉄道

ピンク色のSLを「恋の日」にお披露目 鳥取

お披露目されたピンク色のSL=鳥取県若桜町の若桜駅で2016年5月1日、若桜鉄道提供

 鳥取県の第三セクターの若桜鉄道(本社・同県若桜町)は1日、同社が保有する蒸気機関車(SL)がピンク色に塗装され、同県の平井伸治・知事らが出席して、お披露目式が行われた。

 塗装されたのは、1938年製のC12型167号機で、5月1日を語呂合わせで「恋の日」とし、1〜8日の期間限定で若桜駅構内を走る。鳥取県では、第三セクターの智頭急行が2013年6月に恋山形駅(智頭町)をピンク色に塗り替えたことをきっかけに、ピンク色のマヨネーズやカレーなどが話題を集めている。

 ピンク色のSLは、3月12日に開かれた「鳥取鉄道フォーラム」(鳥取県主催)で、鉄道好きとして有名なホリプロの南田裕介マネジャーが発案し、鉄道写真家の中井精也さんやタレントの豊岡真澄さんらが賛同。若桜鉄道が応える形で実現した。【米田堅持】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 群馬ヘリ墜落 115キロの急加速 通信途絶える20秒前
  2. 石塚運昇さん 食道がんのため68歳で死去 「ポケモン」ナレーション 「ジョジョ」ジョセフなど
  3. アメフット 日大の宮川選手が復帰を検討 チーム訪れ謝罪
  4. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  5. 富士山測候所 日誌を廃棄 68年間つづった貴重な40冊

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです