メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックマーク

雰囲気デフレ効果=岸政彦(社会学者)

 ずっとデフレである。さいきんはインフレよりもデフレの方が怖いという認識が広まり、経済政策もずいぶんと変わってきたし、実際にその効果も現れつつあり、例えば正社員もかなり増加している。しかし世の中全体の雰囲気はいまだに暗く、殺伐としていると感じる。もちろん、何のデータもない、ただの個人の感想だが、それにしても昭和の時代には「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」などという歌や映画があったことは、いまから考えると本当に信じがたい。この社会でスーダラしながら生きていけるひとなどどこにもいないだろう。いくつかの経済指標が改善されても、「雰囲気デフレ」はまだまだ残っているのだ。

 大学でも、鉛筆1本、クリップ1個の使途をいちいち書類で出さないといけないようになった。不正も多かっ…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文800文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏休み 「気持ちいい」首相が森、小泉元首相らとゴルフ
  2. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  5. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです