メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真展

チェルノブイリ30年迎え 写真家の本橋さん /東京

「チェルノブイリの後、日本では福島で原発事故が起きた。核と人間は共存できるのか」と問いかける本橋成一さん=中野区内で

 旧ソ連(ウクライナ)のチェルノブイリ原発事故(1986年4月26日)から30年を迎え、事故をテーマにした写真家の本橋成一さん(76)の作品展が中野区東中野4の「スペースアンドカフェ ポレポレ坐」で開かれている。

 本橋さんは事故から5年後の91年に初めて原発の被災地域を訪れた。放射性物質が降り注いだチェチェルスクやベトカ地区(…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  4. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  5. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです