メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真展

チェルノブイリ30年迎え 写真家の本橋さん /東京

「チェルノブイリの後、日本では福島で原発事故が起きた。核と人間は共存できるのか」と問いかける本橋成一さん=中野区内で

 旧ソ連(ウクライナ)のチェルノブイリ原発事故(1986年4月26日)から30年を迎え、事故をテーマにした写真家の本橋成一さん(76)の作品展が中野区東中野4の「スペースアンドカフェ ポレポレ坐」で開かれている。

 本橋さんは事故から5年後の91年に初めて原発の被災地域を訪れた。放射性物質が降り注いだチェチェルスクやベトカ地区(…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  2. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 加計学園 午前11時から記者会見 理事長自ら説明か
  5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]