メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

家屋3割「危険」 4万7000件判定終了

地震で被害を受けた家屋の前で大量のがれきの片付けをするボランティアら=熊本県阿蘇市で1日午後1時35分、矢頭智剛撮影

 熊本県は1日、熊本地震による被災家屋の倒壊危険性を調べる「応急危険度判定」の当初予定分が終了したと発表した。立ち入りが「危険」とされた建物は4月30日現在で1万3113件となり、判定した建物4万6966件の27・9%を占めた。「要注意」は1万4907件だった。「危険」の割合は東日本大震災(12・3%)や阪神大震災(13・9%)、新潟県中越地震(14・5%)を上回った。

 熊本県は「震度7の地震に2度襲われたことで被害が拡大した」とみている。ただし、津波や火災で被災した…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです