メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本城

窮地に援軍続々 各地の城に募金箱

地震で石垣や屋根が壊れた熊本城=熊本市中央区で2016年4月22日、本社ヘリから矢頭智剛撮影

 戦国武将の加藤清正が1607(慶長12)年に築いたとされ、日本三名城の一つに数えられる熊本城。その威容は熊本のシンボル的存在だが、熊本地震では至る所で石垣が崩れ、天守閣も傾くなど大きな被害を受けた。城再建に向けて、熊本市が復旧支援金を受け付けている他、各地の城で募金箱が設置されたり、国内外の要人が支援を表明したりして支援の輪が広がっている。しかし余震が続いて被害の実態調査が進まないなど課題も多く、修復には時間がかかりそうだ。

 「こんなになってしまって……」。ゴールデンウイーク(GW)真っただ中の4月30日、熊本城周辺では、…

この記事は有料記事です。

残り1129文字(全文1394文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです