メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

命守る口のケア 歯磨き指導、入れ歯相談も

益城町総合体育館前に設けられた歯科コーナー=熊本県益城町木山で2016年4月28日、中村清雅撮影

 避難生活での口腔(こうくう)ケアは命に関わる問題−−。熊本県歯科医師会が、熊本地震の被災者の避難所に歯科コーナーを設けて口腔ケアの支援に力を入れている。長期化する避難生活で虫歯や歯周病のリスクが高まっている他、高齢者には入れ歯の需要もあり、連日多くの人が訪れている。

 県歯科医師会は県と災害時の口腔ケアに関する協定を結び、今回の地震では益城(ましき)町総合体育館に歯科コーナーを設置している。他県の歯科医師会の応援も受けながら連日午前9時半〜午後4時半、常駐する歯科医師や歯科衛生士ら約10人が無料で避難者の検診や治療をしている…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文663文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 金正恩時代の北朝鮮 中/正男氏動向、監視強める
  3. 先端に16mの「鼻」 次世代新幹線「ALFA-X」の試験車公開 JR東
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです