メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メーデー

「共闘」「総結集」訴え…全労連と全労協

第87回中央メーデーで、「がんばろう」と気勢を上げる参加者ら=東京都渋谷区の代々木公園で2016年5月1日午後0時23分、望月亮一撮影

 労働者の祭典「メーデー」の1日、全労連(小田川義和議長)と全労協(金沢寿<ひさし>議長)は東京都内で第87回中央メーデーを開いた。メーデーは1989年から連合、全労連、全労協のメーデーに3分裂したが、この日全労連と全労協はそれぞれ事務局長が相手メーデー集会を訪れた。参院選で野党統一候補擁立に向けた協議が進む中、労働組合も動き始めた。

     全労連は渋谷区の代々木公園で開催し約3万人(主催者発表)が集まった。小田川議長は「四半世紀を越えて新たな歴史の一ページ。共闘の積み重ねが変化につながった」と安全保障関連法などで共闘したことを強調した。全労協の中岡基明事務局長は「平和と民主主義のため、持てる力を総結集しよう」とあいさつした。

     全労協は日比谷公園で開催し、約7500人(同)が参加。全労連の井上久事務局長が「労働運動の存在意義が問われている」と両組織の共闘を訴えた。【東海林智】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 明治ザ・チョコレート 4000万ヒットの陰に“黒歴史”
    2. 入浴 冬は「10分以下×40度以下」推奨 実践は2割
    3. 甲子園ボウル 日大が優勝 27年ぶり21回目
    4. 映画 「恋とボルバキア」が描くあいまいな性と普遍的悩み
    5. ガンプラW杯2017 中2の畑めいさんがジュニアコースの初の世界王者に “最後の挑戦”で有終の美

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]