メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法記念日

安倍改憲、項目が変遷 緊急事態条項不要論(その1) 名残すため現実路線

 安倍晋三首相は夏の参院選で憲法改正を争点にする考えを示している。長年の悲願は実現するのか。その改憲論の足跡をたどった。首相は最初の改正項目として緊急事態条項の新設を探る姿勢も見せている。東日本大震災の現場を歩き、必要性を検証した。

 憲法改正は安倍首相の悲願だ。発言をたどっていくと、改憲への執念と同時に、党内の状況や野党の出方に合わせ、現実と折り合いながら道筋をつけようと試行錯誤する姿も浮かび上がってくる。「改憲を成し遂げた首相」という名を歴史に残したいという思いもにじむ。

この記事は有料記事です。

残り3376文字(全文3615文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです