メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童扶養手当

加算額大幅増も貧困解決には遠く

増額後の児童扶養手当のイメージ

 ひとり親家庭への支援を拡充する改正児童扶養手当法が2日、参院本会議で可決、成立した。1人目(月4万2330円)は据え置くが、2人目以降の加算額が最大で倍増し、2人目は月5000円から1万円に、3人目以降は3000円から6000円となる。近年、縮小傾向だったひとり親世帯への現金給付が拡大することに、当事者からは歓迎の声が上がるが、とりわけ経済状況の厳しい母子家庭へは、なお、さまざまな支援が必要だ。【堀井恵里子、西田真季子】

この記事は有料記事です。

残り1905文字(全文2118文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. ニッポンへの発言 キーワード 「高輪ゲートウェイ」化するニッポン=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです