メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福寺

奈良時代の瓦見つかる 元興寺文化財研究所が確認「創建年代を裏付け」 15日まで公開中 奈良 /奈良

福寺のものとみられる奈良時代の瓦=奈良市の元興寺で、皆木成実撮影

 戦国時代まで現在の奈良市南京終(きょうばて)町にあった寺院「福寺(ふくでら)」の遺物とみられる瓦9点が、元興寺文化財研究所(同市)の調査で見つかった。様式から5点は奈良時代後半(8世紀後半)の古代瓦と考えられ、同研究所は「奈良時代の僧、行基が創建したとする寺伝を年代的に裏付ける発見」としている。【皆木成実】

 福寺は興福寺の塔頭(たっちゅう)寺院だった大乗院の末寺。室町時代に書かれた大乗院の記録に初めて登場…

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文611文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  3. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  4. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
  5. 建築確認の死角 レオパレス物件不良 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです