メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未踏の世界へ

超音速機の爆音を低減 JAXA航空機システム研究チーム主幹研究員・牧野好和さん

超音速機開発の夢を追い続ける牧野好和主幹研究員

牧野好和さん(46)

 英仏が共同開発した超音速旅客機「コンコルド」。「ソニックブーム」と呼ばれる衝撃波の発生という問題を抱え、2003年に引退した。後継機も登場せず、新たな超音速機を開発する夢はついえたかに思えたが、昨年7月に試験機を使ってソニックブーム低減を確認。「超音速機が普通に飛び交う世界に近づいた」と胸を張る。

 ソニックブームは地上で「パン、パン」と耳をつんざくような音になる。飛行機が音速を超えると主翼などで…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文825文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
  4. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  5. 記者の目 バルサルタン事件 無罪判決=河内敏康(東京科学環境部)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです