メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦艦大和

40分の1精巧模型“初航海” 製作の男性笑顔

“初航海”を終えた戦艦大和の40分の1模型。乗り込むのは製作した中島浩二さん=京都府福知山市堀の土師川でで、佐藤孝治撮影

 京都府福知山市の会社員、中島浩二さん(55)が、約10年かけて完成させた戦艦大和の40分の1動力付き模型を4日、同市堀の土師川で進水させた。大勢の見物に見守られ、全長6.5メートル、幅90センチの大型模型船は約30分間、波を切って航行し、無事に“初航海”を終えた。

 2級小型船舶操縦士の免許を持つ中島さん。2005年に映画「男たちの大和」を鑑賞し…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです