メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北陸ご当地みやげ

福井・小浜「小鯛ささ漬」 港町の逸品

杉材で作ったたるにキダイの身を丁寧に詰め、ササの葉をのせる=福井県小浜市川崎2の小浜海産物で、竹内望撮影

 杉材で作った「小鯛(こだい)ささ漬(づけ)」のたる(縦8.5センチ、直径8.5センチ)のふたを開けると、杉とお酢の合わさった優しい香りがふわっと広がった。次に目に飛び込んできたのは、ぎっしり詰まった薄ピンク色の美しい連子鯛(キダイ)の酢漬け。視覚と聴覚を刺激され、思わずつばを飲み込んだ。

 小鯛ささ漬は、浜焼き鯖(さば)と並ぶ、港町・福井県小浜市のお土産の定番だ。市内の家庭では、お正月やお盆に家族で食べるちょっとぜいたくな逸品で、酒のさかなにも白ご飯にも合う。

 小浜市の北に広がる若狭湾は、恵まれた漁場から、「魚のゆりかご」と呼ばれてきた。京都の奥座敷の浜とさ…

この記事は有料記事です。

残り919文字(全文1201文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  2. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  3. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い
  4. 青森市議「盗聴」疑惑で辞職勧告 控室にスマホ置き無断で録音
  5. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです