メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

阿蘇大橋の西側でも崩壊

阿蘇大橋崩落現場(右)の西側に新たに確認された斜面の崩落(左)。すぐ下には立野地区集落やJR豊肥線、国道57号があり、熊本県などは警戒を強めている=熊本県南阿蘇村で2016年5月4日午後4時4分、本社ヘリから和田大典撮影

 国土交通省九州地方整備局は4日、熊本地震で阿蘇大橋(熊本県南阿蘇村)が流失した土砂災害現場(長さ約700メートル、幅約200メートル)の西側で、新たに土砂崩壊を確認したと発表した。余震や雨が原因とみている。

 九地整や熊本県によると、新たな崩壊箇所は阿蘇大橋の西約400メートルの斜面。4月20日に小規模の崩壊を確認していたが、4日の現地…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文423文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で大流行 患者数の約7割が6府県と三重
  2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  3. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  4. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も
  5. 「AKB48」の握手会 はしか感染の男性参加 6日、大阪で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです