メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

大楽人 ナスカの地上絵の謎に挑む 山形大教授・坂井正人さん

地上絵の魅力について語る坂井教授=山形大で

現地調査で新たに「動物」発見 山形大教授・坂井正人さん(53)

 地球の反対側に広がる、世界遺産「ナスカの地上絵」。先月19日、山形大学が新たな地上絵「舌を伸ばした動物」の発見を発表した。紀元前400年以降に描かれた巨大な地上絵は、今もなお謎に包まれている。現在世界で唯一現地立ち入り調査を認められている同大人文学部ナスカ研究チーム。その中心メンバーで日本の地上絵研究の先駆者でもある同大教授、坂井正人さん(53)に聞いた。【早稲田大・砂田理恵】

 ナスカの地上絵が、ユネスコ世界文化遺産に登録されたのは1994年。それに先立つ80年代、米コルゲー…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プーチン大統領がまた遅刻 日露首脳会談
  2. 大坂が4強 伊達以来、日本勢25年ぶり 全豪テニス
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. 三重県内で新たに4人のはしか感染を確認 宗教団体、HPで謝罪
  5. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです