メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

御柱祭 柱から10メートル転落、氏子が死亡

落下事故があった「本宮一」の御柱=長野県諏訪市中洲神宮寺の諏訪大社上社本宮で2016年5月5日午後6時18分、宮坂一則撮影

 5日午後4時半ごろ、長野県諏訪市中洲にある諏訪大社の上社本宮(かみしゃほんみや)境内で、「御柱祭」に参加していた同市豊田、自動車販売整備業、日下部幸寛さん(41)が、垂直に建てられた柱(高さ15メートル)から落下し、約5時間半後に死亡した。県警諏訪署によると、「建て御柱」と呼ばれる行事の後片付けをしている中で落下した。

     目撃した人によると、「本宮一」と呼ばれる柱を建てた後、最上部付近に乗っていた日下部さんが下りる途中、約10メートル下の重機の屋根に落下した。上社の祭りは5日が最終日だった。

     御柱祭では前回(2010年)も、下社(しもしゃ)(同県下諏訪町)の建て御柱で男性2人が落ちて死亡している。【ガン・クリスティーナ、宮坂一則、湯浅聖一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 安室さん引退へ 小室哲哉さん「寂しさ感じるのは初めて」
    2. 国体優勝選手自殺 遺族が9000万円求め賠償提訴 岐阜
    3. 中国 高速鉄道 事故から「復活」 350キロ、世界最速奪還
    4. 空自小松基地 ミサイル、保管中に損壊
    5. 坂村健の目 被ばく影響、科学界の結論

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]