メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

諏訪大社

御柱祭 柱から10メートル転落、氏子が死亡

落下事故があった「本宮一」の御柱=長野県諏訪市中洲神宮寺の諏訪大社上社本宮で2016年5月5日午後6時18分、宮坂一則撮影

 5日午後4時半ごろ、長野県諏訪市中洲にある諏訪大社の上社本宮(かみしゃほんみや)境内で、「御柱祭」に参加していた同市豊田、自動車販売整備業、日下部幸寛さん(41)が、垂直に建てられた柱(高さ15メートル)から落下し、約5時間半後に死亡した。県警諏訪署によると、「建て御柱」と呼ばれる行事の後片付けをしている中で落下した。

     目撃した人によると、「本宮一」と呼ばれる柱を建てた後、最上部付近に乗っていた日下部さんが下りる途中、約10メートル下の重機の屋根に落下した。上社の祭りは5日が最終日だった。

     御柱祭では前回(2010年)も、下社(しもしゃ)(同県下諏訪町)の建て御柱で男性2人が落ちて死亡している。【ガン・クリスティーナ、宮坂一則、湯浅聖一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 尼崎脱線 意識不明5カ月、重い障害「仕事がうれしい」
    2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    3. ボクシング 比嘉ぼうぜん 記録、信頼…失ったもの多く
    4. 比嘉王座剥奪 具志堅会長「ファンに申し訳ない」
    5. 尼崎脱線 亡き兄に誓った救命の道 ICUの看護師に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]