メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロボ手術

腎がんも保険適用 滋賀医大 /滋賀

 滋賀医大付属病院(大津市瀬田月輪町)で実施する手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」を使う腎がんの部分切除手術に4月から保険が適用されるようになった。これまでは前立腺がんのみ保険適用されていた。患者負担が軽減するため、患者の利用が増えそうだ。

 ロボットは、3本のアームと内視鏡カメラを装着した本体、ケーブルでつながった操作台、助手用のモニターからなる。体に開けた5カ所の約1センチの穴からメスや針が付いたアームとカメラを入れ、医師が患部を高解像度の3…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文559文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道 気温上がらず 斜里町で14.9度と5月中旬並み
  2. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 都市対抗野球 大阪ガスが3年ぶり決勝進出 JR東破る
  5. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]