メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コーヒー

幕末に飲み方記載 津山で発見、徳兵衛漂流記 /岡山

1853年の米国紙に掲載された徳兵衛の絵=兵庫県播磨町郷土資料館図録より

 津山郷土博物館(津山市)で昨年見つかった幕末の鎖国期の海外漂流体験記に、コーヒーの飲み方についての記載があることが分かった。古文書を研究する専門家らの話によると、コーヒーの飲み方を記した現存史料としては、県内で最も古いものである可能性が高いという。【小林一彦】

県内最古の史料か

 記載があったのは、備中(現在の県西部)出身の船乗り「徳兵衛」の19世紀半ばの体験が記された「漂流記」。1850年、徳兵衛が乗った廻船(かいせん)「栄力丸」が紀伊半島沖で嵐に遭遇。太平洋上を53日間漂流し、他の乗組員と共に米国商船に救助された。51〜52年に米サンフランシスコ、その後、中国に移送され、徳兵衛は54年に帰国を果たす。

 漂流記は、徳兵衛が帰郷した後、津山城下の町民「野々口屋佐一郎」に語った内容が記される。津山郷土博物…

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文1017文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  5. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]