メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

密着けいざい

/4止 若手「農協と距離」 「農家のため」原点回帰を

 農業や観光業の先駆的な取り組みを話し合う官民対話が3月4日、首相官邸で開かれた。首相の横に座ったのは若手農家の鈴木啓之(ひろゆき)(32)。オレンジ色の作業服に身を包み、「子供たちがあこがれ、若者や女性が働きやすい職場に農業を変えたい」と力を込めた。

    □  □

 鈴木は愛知県碧南市でニンジンを中心に野菜を2・2ヘクタール栽培。東京の高級飲食店とも取引し、業績を伸ばしている。若手農家でつくる「全国農業青年クラブ連絡協議会」の会長も務め、全国の生産者と情報交換しながら農業の未来を模索する姿が注目されている。

 脱サラして就農したのは2009年。祖母から受け継いだ0・1ヘクタールの農地を足掛かりに始めたが、苦…

この記事は有料記事です。

残り1278文字(全文1585文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  5. ルノーに亀裂 日産との関係悪化を懸念、ゴーンCEOに怒りも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです