メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日露首脳会談

北方領土、新発想のアプローチで交渉で合意

 【ソチ(ロシア南部)前田洋平、真野森作】安倍晋三首相は6日午後(日本時間6日夜)、ロシアのプーチン大統領と同国南部ソチの大統領公邸で会談した。両首脳は北方領土問題について、双方が受け入れ可能な解決に向け、新たな発想に基づくアプローチで交渉を精力的に進める方針で一致。9月に極東ウラジオストクで開催される「東方経済フォーラム」の際に再会談することでも合意した。

     会談は夕食会を含めて日本時間7日未明まで約3時間10分行われた。途中、両首脳は約35分間、通訳を交えて2人だけで話し合った。会談後、首相は平和条約締結交渉について「今までの停滞を打破するべく、突破口を開く手応えを得ることができた」と同行記者団に語った。

     領土問題に関し、首相は会談で「これまでの発想にとらわれないアプローチで交渉を進めていこう。この問題を2人で解決しよう」とプーチン氏に提案。プーチン氏も基本的に賛意を示した。ただ、日本側は新たなアプローチの具体的内容は明らかにしていない。

     これに関連し、両首脳は外務次官級による平和条約締結交渉を6月に行うことで合意した。

     延期されているプーチン氏の訪日については、両政府で引き続き適切な時期を検討することになった。首相は会談で「日露双方が静かな交渉環境を維持するために、互いの国民感情に配慮し、相手を傷つけるような行動や発言は控えるべきだ」と述べた。

     首相はまた、極東での産業振興やエネルギー開発、医療、都市づくりなど8項目の協力計画を提示し、「ロシア国民が直接、恩恵を実感し、ロシア経済が発展するような計画を考えている。実現すれば両国の関係を深めることができる」と表明。プーチン氏も歓迎し、両政府で早期実施に向けた協議を始めることを確認した。

     ウクライナ問題では、首相はロシアが停戦合意の履行に建設的な役割を果たすよう要請した。また、日本を訪れるロシア人への査証(ビザ)発給要件の緩和を検討していることをプーチン氏に伝えた。

    日露首脳会談のポイント

    ・北方領土問題に関し、今までの発想にとらわれない「新しいアプローチ」で交渉を進めることで一致

    ・9月にロシア極東ウラジオストクで再び首脳会談

    ・6月に外務次官級の平和条約締結交渉

    ・安倍晋三首相は極東振興など8項目の協力計画を提示

    ・プーチン大統領の訪日は適切な時期を検討

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米国 シアトルで列車脱線、高速道に落下 複数死傷か
    2. ホーム転落死 緑内障、視野限られ 薬剤師、出勤途中
    3. 関西50年前 【昭和42年8月23日】阪急梅田駅の新ホーム
    4. リニア不正 「南アトンネル」も調整か 鹿島部長を聴取
    5. 生活保護費 母子加算削減に怒り悲鳴「負の連鎖招く」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]