メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

75歳以上死亡率1.5倍…発生から1カ月

土砂やがれきが散乱する道路=福島県南相馬市で2011年3月21日、神保圭作撮影

相馬・南相馬 衛生管理不足か

 東日本大震災で被災した福島県相馬、南相馬両市で震災発生からの1カ月、75歳以上の高齢者の死亡率が震災前の同時期に比べて約1.5倍(死亡者131人)に増えたとする研究結果を、相馬中央病院(相馬市)などのチームがまとめた。死因は感染症である肺炎が最も多く、混乱の中で衛生管理が疎かになったことが背景にあるとみられる。相馬市で7日開かれる震災関連のシンポジウム(地元自治体など主催)で報告される。

 チームは、厚生労働省がまとめた2006〜15年の人口動態統計で、津波による死亡者を除き、各年の死亡…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 衆院沖縄3区補選 屋良氏の初当選が確実 辺野古移設「反対」民意示す
  4. イオン春日部 新装オープン /埼玉
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです