メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本からの報告

/下 後方支援ノウハウ伝えて 「東日本」「阪神」自治体職員の経験 /岩手

 熊本地震で、遠野市のNPO法人「遠野まごころネット」は支援活動を本格化させている。現地に入ったスタッフらは、自治体職員の災害救助法への戸惑いや、復旧に向け被災者に寄り添った対応の必要性を感じたという。【中尾卓英】

 ▼法制度に戸惑いも

 被災自治体は災害救助法により、被災者に弁当や生活物資、仮設住宅などを現物支給することができる。熊本地震の被災地では、住宅の全半壊・一部損壊などの被害認定が急ピッチで進む。こうした罹災(りさい)証明に基づいて、仮設住宅や民間住宅を借り上げる「みなし仮設」、公営住宅を提供する。

 ところが、今回の被災市町村の職員から、法制度への戸惑いがあった。「弁当代はいくらまで使えるのか」「…

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1119文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優・金元寿子、海外留学のため休業へ 来年3月復帰予定
  2. アメフット 関学大が日大定期戦を中止、回答に誠意認めず
  3. 石川・粟津駅 2男児、特急と接触か 1人死亡1人重体
  4. 東京都 私立高実質無償化でも自己負担47万円
  5. マレーシア機撃墜 親露派地域から発射 中間報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]