メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青森公立大

学生がカフェ経営 空き物件活用し現場を体験

青森公立大が「まちなかカフェ」開設を計画する青森市の新町地区。店が並ぶ「新町通り」も、手押しカートを引いた高齢者ら年配の通行人が目立つ=2016年4月14日、夫彰子撮影

 青森公立大(青森市合子沢山崎)は来秋をめどに、同市新町地区に学生が運営する「まちなかカフェ(仮称)」を開設する。期間限定の「サンセット方式」を採用し、5年間の営業を目指す。学生が経営の現場を体験できるとともに、若者の減少や商店街のシャッター通り化が進む同地区で、学生自身が中心市街地活性化に貢献する拠点としたい考えだ。

 「まちなかカフェ」では、軽食喫茶メニューを提供。地元商店街を盛り上げるため、共通クーポン券の発行な…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文573文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上
  3. 面前DV判決 元少年に必要なのは…重い刑罰か治療か 
  4. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  5. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです