メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福井・鯖江の商社が販売へ

顔認識技術に対抗した眼鏡=福井県鯖江市のニッセイで、竹内望撮影

 掛けるとコンピューターが顔を認識できなくなる眼鏡を福井県鯖江市の商社が5月末に約3万円で販売する。特殊な模様のフィルターで光を反射・吸収し、目元の凹凸をわからなくする。

     顔の凹凸で個人を識別する顔認識技術の進歩は目覚ましい。インターネットに無断掲載された写真から、居場所などの個人情報がわかる危険性を指摘する専門家もいる。

     国立情報学研究所(東京)などと2年半かけて製品化し、視界はサングラスを掛けたよう。担当者は「生産量全国一の鯖江眼鏡の“顔”となる商品に」と期待する。【竹内望】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 仙台・中2自殺 <仙台・中2自殺>体罰、保護者通報で発覚 「教諭加担」に憤り /宮城
    2. 男性教諭 知的障害のある教え子にみだらな行為 懲戒免
    3. 仙台市 自殺の中2に教員2人が体罰 口にガムテープ
    4. 仙台・中2自殺 母話さぬ内容、遺族指摘…朝日が一部削除
    5. 窃盗容疑 狙いは学食の「席取り」かばん 元阪大生が盗む

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]