メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わかやまスポーツ・お宝を巡る

吉井理人の近鉄ユニホーム 理論派、日米で奮闘 /和歌山

吉井コーチの選手時代のユニホームやタイトル獲得記念のペナントなどが並ぶ展示コーナー=わかやまスポーツ伝承館で、最上和喜撮影

 ブログの最後は必ず「ほな、また」で締めくくる。旧吉備町(有田川町)出身のプロ野球、日本ハムの吉井理人投手コーチ(51)はどこかほのぼのとした雰囲気を身にまとっている。だが現役時代は県立箕島高校から1983年のドラフト2位で近鉄(2005年オリックスに吸収合併)に入団し、日米7球団を渡り歩いて2007年まで24シーズン、厳しいプロの世界を生き抜いた。188センチの長身から繰り出すキレのある直球とフォークを武器に強打者たちと渡り合い、通算121勝、62セーブ。両親の主馬(かずま)さん(74)と利恵子さん(79)=和歌山市=は「(4年ぶりにコーチとして復帰した日本ハムでも)野球一本にしっかり取り組んでチームに貢献してほしい」とエールを贈る。

 箕島高2年だった1982年にセンバツ出場。翌年の夏の甲子園ではエースとしてチームをけん引し、3回戦…

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文1023文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  4. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  5. SNSで水着姿公開 ロシア女性教師が退職に追い込まれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです