メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

新球技、苦手な子も楽しく 小学校の体育で「フラッグフット」

 フラッグフットボール、タグラグビー、プレルボール、ティーボール……。聞き慣れないスポーツだが、いずれも学習指導要領の改定に伴い、小学校高学年が体育の授業で取り組むようになった球技だ。体育の授業が様変わりした背景には、子どもの体力低下や、積極的に運動する子どもとそうでない子どもの二極化といった現代事情がある。

 「みんなで作戦を立てて試合をする楽しさに全員がのめり込んでいた」。2012年にフラッグフットを授業…

この記事は有料記事です。

残り1782文字(全文1987文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. 地震 茨城で震度4 津波の心配なし
  3. 富山の教諭 部活指導で過労死認定
  4. 訃報 マサ斎藤さん 75歳=プロレスラー
  5. 英・航空ショー MRJがデモ飛行 存在感アピールへ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]