メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

新球技、苦手な子も楽しく 小学校の体育で「フラッグフット」

 フラッグフットボール、タグラグビー、プレルボール、ティーボール……。聞き慣れないスポーツだが、いずれも学習指導要領の改定に伴い、小学校高学年が体育の授業で取り組むようになった球技だ。体育の授業が様変わりした背景には、子どもの体力低下や、積極的に運動する子どもとそうでない子どもの二極化といった現代事情がある。

 「みんなで作戦を立てて試合をする楽しさに全員がのめり込んでいた」。2012年にフラッグフットを授業…

この記事は有料記事です。

残り1782文字(全文1987文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. 熱烈人気「上海ディズニー」 じわじわ「中国風」好感 6月で開園3年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです