メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

セイコー・ゴールデングランプリ 山県100メートル10秒21 日本人トップ

男子100メートルで2位の山県=三浦博之撮影

 リオデジャネイロ五輪の代表選考会を兼ねた陸上のセイコー・ゴールデングランプリが8日、神奈川・等々力陸上競技場で行われた。男子100メートルは、昨夏の世界選手権銀メダルのジャスティン・ガトリン(米国)が10秒02で優勝し、山県亮太(セイコーホールディングス)が10秒21で日本人トップの2位。桐生祥秀(東洋大)は4位、サニブラウン・ハキーム(東京・城西高)は5位だった。

 男子400メートル障害は野沢啓佑(ミズノ)が48秒67の自己記録で優勝し、日本陸連が定めた派遣設定…

この記事は有料記事です。

残り2381文字(全文2616文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです