メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

老舗銭湯復活 廃業撤回し無料開放

被災者を支える高木さん(左)と夫の精治さん=熊本市中央区で、黄在龍撮影

 熊本地震の被災者たちを励まそうと、熊本県公衆浴場業生活衛生同業組合は、加盟する九つの銭湯で無料入浴を実施している。1937年創業の「菊乃湯」(熊本市中央区)もその一つだ。時代の流れとともに客足は途絶え、3代目の高木陽子さん(61)はやめようとしていた。その矢先の地震。無料開放後、毎日300人以上が訪れ、昔のにぎわいを取り戻した。「再び地元に愛される場所にしたい」。高木さんは営業継続を決めた。

     「ゆっくりお湯につかって疲れとってくださいね」。番台に座った高木さんが初めて訪れた被災者の女性に声をかけると、女性は「ありがとうございます」と頭を下げた。現在、銭湯に訪れる人数は震災直後に比べると落ち着いた。それでも毎日、ボランティアや被災者たちは訪れる。

     4月16日の地震で天井が一部壊れたが、風呂は無事だった。井戸水をくみ上げ、まきで沸かすため、営業に問題はなかった。天井を直し、18日に午後3時から3時間のみ再開した。正午には長蛇の列ができ、店の電話はひっきりなしに鳴った。

     車中泊をしていた家族や1週間も風呂に入れなかった高齢者などさまざまな困難を抱えた人たちが訪れた。夫の精治さん(63)も毎朝午前7時半から、まきをたき続けた。精治さんは「いつもの何十倍も大変だったけど、みんなが喜んでくれるから。人生最後のご奉公ですたい」と笑う。

     戦後間もない時、ほとんどの家には風呂がなかった。菊乃湯も家族連れで毎日にぎわった。8年前、先代で父親の野村一さん(92)が心筋梗塞(こうそく)で亡くなったため、引き継いだ。しかし客は入らず、周りの銭湯もほとんど閉店し「もう限界かな」と思うようになった。

     しかし、今回の無償提供で「ありがとう」と言われる度、元気が出た。高木さんは「私の両親や祖父母が銭湯を守り続けた意味が改めて分かった。こんなに多くの人たちに感謝されることはない。来てくれる人がいる限り、一日でも長く続けていきたい」。状況が安定するまで無償提供は続ける予定だ。

     菊乃湯は午後3時から午後9時まで営業している。定休日は土曜日。問い合わせは、菊乃湯(096・354・5976)。【黄在龍】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 桑原武夫蔵書 遺族に無断で1万冊廃棄 京都市が謝罪
    2. 眞子さま 乗用車が自損事故、けがなし 宮内庁職員運転
    3. 公然わいせつ 29歳男性に逆転無罪判決 大阪高裁
    4. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」元料理人に正恩氏発言
    5. 不正アクセス禁止法違反 高畑充希さんの写真をのぞき見 容疑者を書類送検

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]