メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

崩落で通学困難 生徒ら寄宿舎へ 南阿蘇村

南阿蘇中に通うために寄宿舎に入居した太田隆斗さん(中央)。「一人になるけど好きな野球を続けたいから」と地震時に真っ先に持って避難したというグラブを手に少し笑顔を見せた=熊本県南阿蘇村で2016年5月8日午後3時19分、竹内紀臣撮影

 熊本地震で甚大な被害を受けた南阿蘇村で、阿蘇大橋の崩落により村唯一の南阿蘇中学校に通学するのが困難になった立野(たての)地区などの生徒や保護者らが8日、同じ中学に通学できるように橋の反対側の通信制高校に開設された寄宿舎に引っ越した。親元を離れる生徒もおり、友との共同生活に不安と期待を抱えながら9日の学校再開を迎える。

 立野地区は橋の西側にあり、寄宿舎は南阿蘇中と同じ東側にあるくまもと清陵高校の未使用だった宿舎を利用…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文505文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  2. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  3. 3分遅刻の結果は5時間中断 桜田氏「心から深くおわび」 衆院予算委
  4. 「とても驚いた」「ぎょっと…」夜間の大揺れに厚真町民 北海道地震
  5. 体長3.4mダイオウイカ死骸 河口に 島根・浜田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです