メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パナマ文書

21万社公開 租税回避、関連36万件も

 【ロンドン矢野純一】租税回避地(タックスヘイブン)を使った課税逃れを追及している国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ・本部ワシントン)は9日午後(日本時間10日未明)、租税回避地に設立された約21万4000法人と、関連する約36万件の個人や企業の名前や住所のリストを公開した。

 各国の税務・捜査当局は、租税回避地を利用する実質的な所有者の特定や違法性の有無などの捜査や調査に着手しており、今回のデータも活用しさらに実態解明を進めると見られる。

 ICIJはパナマ文書に基づいた調査報道で、各国首脳や周辺による不透明な金融取引を暴露してきた。9日…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文781文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  3. 記者のこだわり 不倫相手に請求できる? 離婚慰謝料訴訟 19日に最高裁判決
  4. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
  5. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです