メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パナマ文書

課税逃れ問題を告発 政治家・富裕層追及

 【ロンドン矢野純一】租税回避地法人や関連する個人などのリストを9日公表した国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は、4月初旬からパナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」から流出した大量の文書に基づき、課税逃れ問題などを告発する報道を続けてきた。これまでに少なくとも12人の国家指導者の名前が浮上しており、辞任に追い込まれた首脳や閣僚も出ている。

 今回の公表が、政治家や富裕層の新たなスキャンダルにつながる可能性もある。

この記事は有料記事です。

残り1432文字(全文1645文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党 石破氏「200票」に達するか注目
  5. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです