メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジル

弾劾決議案、再投票要請 下院議長、党議拘束を批判

 【サンパウロ朴鐘珠】ブラジルのルセフ大統領に対する弾劾手続きを巡り、連邦下院のマラニャン暫定議長は9日、下院で4月17日に採択された弾劾決議案を無効とし、再投票を実施すると表明した。再投票に伴い、弾劾審議を上院から下院へ差し戻すよう要請したが、上院のレナン議長は拒否し、上下院が対立する事態になった。

 現地報道によると、マラニャン氏は、4月の投票では党議拘束に縛られ自由に投票できない議員がいたなどと…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文629文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 大相撲秋場所 栃ノ心、横綱つり上げ破る 理事長も驚く
  3. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです