メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島復興論

対談・小高の避難指示解除を前に

和田智行さん

 原発事故で全住民が避難を余儀なくされている福島県南相馬市小高区(震災当時の人口約1万3000人)。国と市は近く避難指示を解除する方針で、地元では営業再開などの動きが活発化している。震災以来「悩むより行動」を指針に取り組んできた市長の桜井勝延さん(60)と、「課題を解決するビジネス作り」を掲げる小高ワーカーズベース社長の和田智行さん(39)に復興への思いを聞いた。【聞き手・冠木雅夫専門編集委員、写真・大塚卓也】

この記事は有料記事です。

残り2752文字(全文2959文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  4. 保護施設に侵入し猫を虐待 防犯カメラに男の映像 三重・鈴鹿
  5. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです