メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

金融政策の現状維持と円急騰=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 日本銀行は4月27〜28日の政策決定会合で追加の金融緩和を見送った。市場の大半は株式銘柄を組み合わせた上場投資信託(ETF)の購入追加だけは間違いないと勝手に決め込んでいたようだ。

 追加緩和で市場の金融が潤沢になれば、対ドル円レートは下落し、株価水準は切り上がるとの予測が大勢だった。このためそれ以前の段階で政策の手詰まりを理由に円買いと輸出企業株の先物売りに入った投資家は、日銀の動きを警戒して円買いの姿勢を弱めたり、円売りに転じたりした。また輸出株の買い戻しも出た。ところが日銀決定は現状維持となり、発表後の28日午後は円の急騰と株価下落が一挙に広がった…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  3. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  4. 桜田五輪担当相「震災時に東北道動いていた」発言を撤回 参院予算委
  5. 風知草 バイカル湖に寄せて=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです