メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
永六輔さん

これが「手紙」…TBSラジオ番組に寄せる

 TBSラジオで毎週月曜に放送されている永六輔さん(83)の番組「六輔七転八倒九十分」が6月27日で終了することが、9日の番組内で発表された。永六輔さんの所属事務所が、9日夕放送のTBSラジオ「六輔七転八倒九十分」に寄せた手紙の主な内容は次の通り。

     本年2月より「六輔七転八倒九十分」をお休みさせていただいている現在、リスナーの皆様はじめ、関係者の方々には大変ご迷惑をおかけしております。

     永六輔は、昨年の秋ごろから背中の痛みが強くなり、またその痛みは寝起きする時や車椅子の乗り降りの際、つまり体を動かす時に特に強く現れていました。今年に入って、この症状が顕著になったために、病院で検査を受けていたところ、一昨年の圧迫骨折とは別のところに、脊柱(せきちゅう)の損傷が生じ、神経を圧迫していることが分かりました。そのために2月1日に問題の部位の上下の脊椎(せきつい)骨をブリッジで固定する手術を受けました。これがうまくいったおかげで、体を動かす時の痛みがほとんどなくなり、心身の負担は大きく減りました。

     その後、患部のさらなる処置を受けている間に不幸にも誤嚥(ごえん)による肺炎を起こしてしまいました。その肺炎も約2週間の期間を経て、今は完治いたしました。ただ、この間は絶食を余儀なくされたために体力が落ちてしまい、話をすることも難しい状態ではあります。

     すでに退院し、今後は自宅療養にて体力回復に務める所存です。永六輔本人はリスナーの皆様にまた声をお届けしたいと思っており、日々努力しておりますが、パーキンソン病ということもあり、十分な体力回復にどのくらいかかるかはまだめどがついておりません。ここは一旦、自分の名前の付いた番組については締めくくりをさせていただいた上で、ぜひまたお耳にかかる機会を得たいと考えている次第です。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
    2. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
    3. 大阪震度6弱 塀倒壊で女児死亡 高槻市が和解金支払いへ
    4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
    5. 月刊相撲 おかみさん・リレーコラム 千賀ノ浦部屋・舛田奈緒子さん(58)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです