メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もうひとつの動物園

守り・伝える/114 東京めだか/7 /東京

新潟大学では酒泉教授らがキタノメダカなど世界のメダカ約20種を何世代にもわたり飼育している=新潟市西区で新潟大学では酒泉教授らがキタノメダカなど世界のメダカ約20種を何世代にもわたり飼育している=新潟市西区で

「地域色」は自然の財産

 大型連休が明けたが、東京では連休ごろからメダカの産卵が始まっている。新潟大学の酒泉満教授によると、野生のメダカは昼の時間が14時間を超え、最高気温が20度くらいになると卵を産む。ただ、ふ化した子どもたちは、東京のミナミメダカの場合、暖かい期間が長いため、夏に卵を産み始めるが、東北の日本海側にすむキタノメダカは夏が短く、翌春の産卵が一般的。生息地の気候や環境にあわせた「地域色」を持っているのだ。

 ミトコンドリアDNAに含まれる遺伝子を解析すると、キタノメダカは北日本型など三つ、ミナミメダカは東…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文572文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 文科省汚職 「裏口入学ある」伝達 東京医大前理事長
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 気になる!保育所 おむつ処分 予算がない?
  4. ワンピース 「食戟のソーマ」チームがサンジ描く! ジャンプで連載21周年特集
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]