メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浮体式洋上風力発電施設

洲本港沖で風車部分組み立て 7月に福島へ 「国内では珍しい」 /兵庫

起重機船でつりさげて運ばれてきた洋上風力発電の浮体部分=兵庫県洲本港沖で2016年5月5日、登口修撮影

 洲本港沖で、福島県沖の太平洋上に設置する「浮体式洋上風力発電」の風車の組み立て作業が行われている。風車を支える浮体部分を堺市から起重機船で運び、海上で風車のタワーや発電機、羽根を組み立てる。7月に福島県に運ばれる。【登口修】

 浮体式洋上風力発電は、アンカーで固定した浮体装置が付いた風車を海上に浮かべて発電する仕組み。経済産業省が福島県沖で進めている「福島浮体式洋上ウインドファーム実証研究事業」で設置される。

 既に2メガワットと7メガワットの浮体式風車2基と洋上変電所が完成しており、最後の風車1基を造船会社…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文601文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです