メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から・ひょうご

子宮頸がんワクチン、健康被害の女子高生 留年、転校、でも「学びたい」 /兵庫

子宮頸がんワクチン接種後、さまざま症状に苦しみながら自宅で勉強する女子高生=神戸市で、井上元宏撮影

 子宮頸(けい)がんワクチン接種後に全身の痛みや記憶障害になり、留年や転校を余儀なくされた女子高校生たちがいる。「学びたい」という意欲を持ちながら、症状が4〜5年も続き、将来を見通せない不安を募らせる。行政の支援も後手に回っている。県内で健康被害を訴える高校生の実情を取材した。【井上元宏】

 神戸市の通信制高校に通う女子高校生(17)は4月から1日も通学できないでいる。日によっては、激しい頭痛と全身のだるさで起き上がることさえできない。症状が落ち着いても、常に頭痛がする上、刺すような痛みが腹部を襲い、膝から下に力が入らず歩きにくくなることもある。

 しんどくなった時に、周囲が助けてくれるのか不安で、学校の前まで行ったのに入れなかったこともあった。…

この記事は有料記事です。

残り1273文字(全文1598文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  2. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出
  5. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです